熱海セレブトマト

豪華客船、サン・プリンセスで行く世界一周日記

サンプリンセス世界一周クルーズヨセミテ国立公園V下船4日目

蒸し暑い‼️

私は汗と湿度で曇った眼鏡を拭きながら三カ月分の掃除をしていると、涼しい顔した奥さんが、

湿度で肌が戻ったよ❤️

今まで船内やアラスカなどカラッと涼しい場所にいたので快適だったが肌には良くなかったようだ。

 

下船も4日目になると

よぉ〜久しぶり!世界一周どうだった?

と聞かれると当初は、船の生活からアジア、ヨーロッパ、アメリカと詳細に話をしていたが昨日あたりからは、

よかったです。

の一言の手抜きではなく集約した答え方に変えた。

 

アメリカ・ヨセミテ国立公園の続き

朝食後、ヨセミテ・ビレッジ・ビジター・センターで観光バスからシャトルバスに乗り換えてグレーシャーポイントに向かった。

ドライバー兼ガイドの女性の説明では頻繁に自然発火によって山火事が発生している。

しかしこれは種子が発芽する為に、太陽が当たる鉱物豊富な空き地を作っている。

自然火災がない場合は森林警備隊が火を着けて似た状況を作るらしい。

まぁ京都の大文字焼きだろう。

木の種類だがセコイヤだ。

 

1時間かけて到着したグレーシャーポイントではすっごい風景が出迎えた。

f:id:atamicelebtomato:20190701080551j:image

下から見上げたハーフドームも感動ものだったが同じ目線の高さでは私達は言葉を失った。
f:id:atamicelebtomato:20190701080609j:image

CGみたいな風景だ❗️

しかし…言葉を失ったのは私達だけではなかった。

f:id:atamicelebtomato:20190701081139j:image

岩山で呆然と立ち上がっていたリスがいた‼️

サンプリンセス世界一周クルーズヨセミテ国立公園IV下船3日目

サンプリンセスを下船して三日目だがまだシャバの生活にイマイチ乗れない。

夜中に目が覚めたら、

あれっ❓揺れない。

奥さんも揺れないから寝つきが悪いらしく、慣れるまでには暫くかかりそうだ!

 

乗船中に訪れたアメリカ・ヨセミテ国立公園の二日目

 

朝の朝食会場は昨晩のレストラン1Fで、サンプリンセスツアーの一行はほぼ席に着いて食事を始めていた。

私達も窓側が全て空いていたので座ろうとしたら、メキシコ人ウェーターが飛んできて、

窓側は予約が入っているのでこちらへ。

と陽の当たらない席に案内されたが、

予約って何時からだ💢❓

ウェーターは

数分です。

奥さんは、

もうーここでいいでしょ❓

と鷹揚に言って、バイキングでホットケーキを

取って来て一口食べると、

塩っぱい💢

数分前の鷹揚な姿は消えていた。

ジュースとコーヒーでお腹を満たした私は、

アメリカの数分ってのは日本の30分か❓

お前ら長生き出来ていいなー💢

と言いたかったが英語が達者では無いので、悔しいと思いのまま部屋に戻ったが、ポケトークを手にして部屋を出ようとしたら奥さんが、

今までさんーポケトークは平和の為に使っていたのに、そんなことで使ったらポケトークが可愛そうだよ。

私は我に返ってポケトークに謝罪をした。

 

何かに気づいた奥さんは、望遠カメラを持ってバルコニーに出て行ったので私もついて行くと

⁉️

小さな小さなハチドリがつがいでいた。

f:id:atamicelebtomato:20190701070929j:image

朝からアメリカの、いやらしい部分を見たがこいつらでお釣りが来た。

サンプリンセス世界一周クルーズ 横浜に到着❤️乗船99日目

目が覚めてカーテンを開けたら鉛色の空が横須賀の街を覆っていた。

f:id:atamicelebtomato:20190717070031j:image

ベイブリッジを通過するところ。

 

下船は10分おきに班を作って下船した。

2組目と早い時間に下船した私達は入国管理を素早く通過した後に、昨晩廊下に並べた荷物を受け取ってから税関審査という段取りだった。

しかし800人以上の荷物が一箇所に集積してあると、いくら組み分けしていても、探すのは困難がつきまとったが、幸いに私は段ボールに特徴のある絵と『私を大事に扱って💕』を二面に書いた甲斐があって、集積の職員が私の荷物を早々とトレーに乗せてくれた。

段ボールを見た税関職員も必死に笑いを堪えていた。

f:id:atamicelebtomato:20190717070314j:image

6個の段ボール全てに書いた。

 

無事通過した私達を待ち受けていたのは、昨年ダイヤモンド・プリンセスで行った台湾、沖縄で知り合った関西の奥様と娘さんだ!

 

昨年乗ったダイヤモンド・プリンセスでは、夕食時、クラブクラスエリアで席が隣り合ったのが縁で親しくさせて頂いた。

旦那様はいつも温和な笑顔で、着物が似合う奥様は品性がありお話好きだが、場所に合った話題で楽しい夕食の時間を過ごした。

ただ互いにプライベートは極力立ち入らず連絡先の交換もしないで、あっさりと別れの日を迎えた。

 

三カ月前、横浜港を出港した二日後。神戸港での派手な出港セレモニーを船のデッキに出て見ていたら奥さんが

ねえ‼️・・・あの人、、、アーやっぱり

出迎えデッキで若い女性と必死にこちらに向け手を振っているのは関西の品性がありお話好きの奥様だった。

てっきり私達は乗船されたと思ったので、1週間くらい船内で奥様の姿を探したが見つからなかった。

その奥様が大桟橋にいたのでびっくり‼️

一緒にいた綺麗なお嬢様は娘さんで神戸港では私達を見送りに来て、今回は関西からわざわざお花と上品な和菓子とお手紙を頂いた。

感動の再会をしている最中にサンプリンセス内でのJTBの親玉が、

やーこの人やんちゃで大変だったんですよー

まー冗談ですけど。

私は

冗談の割には目が笑ってねーぞ💢

この感動な再会で、最後っ屁しやがって💢イタチよりたちの悪いヤローだ💢

と思ったが温和な笑顔を崩さないで、力一杯の握手をした。

 

まぁー親しい友人も出来て(私が思っているだけかも知れないが)、船で働いているスタッフやJTBもみんな楽しい連中だったし心に残る船旅だった。

                ありがとうみんな

            ありがとうサンプリンセス 

                   また来まーす❤️

 

これでサンプリンセス世界一周クルーズのブログも終わりを迎えた。

何をやっても三日坊主の私が99日間続けられたのは、毎朝カーテンを開けたら新しい風景が見えて、寄港地ではプチ冒険の旅、船内では美味しい食事と楽しいアトラクション、本当はもっと書きたいくら位だった。

最後に私のブログにお付き合いしていただきありがとうございました。

                  

 

 

サンプリンセス世界一周クルーズ北米編太平洋残すところあと1日帰る準備で大忙し❗️乗船98日目

3カ月を超える船旅もあと1日を残すことに。

乗船時は永遠にに続くんじゃないかと思ったが、サンプリンセスとお別れと思うと、、、

ねぇーいつまで黄昏てるの❓

荷物ぜんぜん詰めてないでしょ💢

奥さんの優しい声で現実に戻された私は引っ越し作業にかかった。

船に乗っていた期間は三カ月だが、南の島から氷河のアラスカまで行ったので、オールシーズンの服装とパーティドレスなどのフォーマルウェアに伴うパンプスやジュエリーなどと、たいして友達もいないのに、今回の船旅を世間に言いまくったお陰で大量のお土産を合わせると、宅急便屋さん指定で一番大きなサイズの段ボールを6箱と、人が入れそうなスーツケースを、下船前日の夜までに廊下に出さないといけないので、奥さんが怒るのも無理はない。

サンプリンセスのポーターは荷物を大事に扱ってくれないので自衛策として、

f:id:atamicelebtomato:20190715185618j:image

始めの三箱は写真を撮る前に素早く持って行かれた。

 

廊下に並べた段ボールには生まれ変わっても画伯にはなれそうにない似顔絵と

『私を大事にしてね❤️』

と書いたが、奥さんは

これ❗️大丈夫❓

この顔だと被害に遭いそうだけど❓

 

       私は黙々と帰り支度をした。

 

6Fリージェンシーダイニングは最終日とあって混雑していたが船内でもサービスの良さが1〜2を争うウェイターがいる区画に必ず行く。

他の乗客でも何人かは気付いてやはり同じ区画だ。

沢山のウェイターは片言の日本語を話すがサービスは話にならない。

しかし私が気に入っている二人のウェイターは日本語を一切喋らない替わりにプロの対応をする。

押し付けず、しかし一歩先を行くサービスは気持ちが良い。

 

今晩で最後だがあなた達のサービスを私達は忘れません。

                     ありがとう

サンプリンセス世界一周クルーズ北米編太平洋気の置けない仲間達との最後の晩餐会(すっごい豪華)乗船97日目

昨晩この船旅で知り合った我々を含めた4組の夫婦で豪華絢爛な晩餐会を開いた。

前日、総支配人からの説明から始まり当日はアトリウムに集合した後に白衣を着て5Fマーキス・ダイニングルームを通って厨房へ。

白衣を着た私達を食事中の乗客は手を止めて見ていた。

これだけでも、いやらしいが費用の一部はペイしただろう❤️

 

厨房内で簡単な立食パーティーをする予定だが

私の考えている厨房は、床は油と埃で滑りやすく壁などベタベタで異臭がするような場所だとイメージしていたので、食事会だが汚れても良いようにデッキシューズで来た。

 

厨房に入ったら立食形式のテーブルとイタリア人総料理長が待ち受けていた。

f:id:atamicelebtomato:20190714075444j:image

厨房内では鏡のように磨かれた金属製の仕切りにやはりピカピカの排水溝で映画にでてくるような近未来スペースだ‼️

f:id:atamicelebtomato:20190714061621j:image

副料理長とパティシエたち

f:id:atamicelebtomato:20190714075550j:image

広い❗️
f:id:atamicelebtomato:20190714061545j:image

写せ無かったが排水溝の中も綺麗だ。


f:id:atamicelebtomato:20190714061604j:image

床もゴミや埃も無く裸足で歩いても良いくらいだ!

f:id:atamicelebtomato:20190714075721j:image

氷の彫刻や果物のオブジェも我々を出迎えた。

総料理長の乾杯の音頭でシャンパンとカクテルサラダや一口サイズの料理が来た💕

f:id:atamicelebtomato:20190714080505j:image
f:id:atamicelebtomato:20190714080454j:image
f:id:atamicelebtomato:20190714080535j:image

厨房でもてなされた私達はメインテーブルに案内された。

メインテーブル横で総料理長を始めとして総支配人までが我々をもてなした。

f:id:atamicelebtomato:20190714081412j:image

総支配人も給仕

周りの乗客は羨望の眼差しだ‼️たぶん
f:id:atamicelebtomato:20190714081428j:image

ローストビーフをフランベしている総料理長
f:id:atamicelebtomato:20190714081327j:image
f:id:atamicelebtomato:20190714081357j:image

中休みのデザートは氷をくり抜いた中にウォッカ入りのシャーベット
f:id:atamicelebtomato:20190714081442j:image

帰りには女性陣にお花と、帰りの荷物が心配になりそうな総料理長が書いた料理本

 

三カ月前にサンプリンセスで知り合って徐々に親交を深めていき、最高の晩餐会で一緒に過ごせた最高の仲間に心から感謝します。

 

         さよーなら、そしてありがとう❤️

 

あと二日あるが多分合わないと思うので、、、続く。

 

 

サンプリンセス世界一周クルーズ北米編太平洋残り3日船内に不穏な空気が渦巻く乗船95日目

朝イチで久々のロータス・スパに行ってヒノキ風呂とマッサージ❤️

入浴後に担当の子が

ご無沙汰してまーす。

とにこやかにストレッチを始めてから数分後に、

そういえばいいネタありますよ❗️

私は力強いストレッチに顔を歪めながら、

またガセじゃあーないの?

彼女が聞いてきた話によると14Fにあるバイキングレストランのホライゾンコートのフルーツコーナーで、中年女性が切り身のスイカを甘い先の部分だけ切り取って大皿に乗せていたら、後ろに並んでいた男性が、

あなた💢やめなさい❗️あなたが切り取ったスイカを誰が食べますか?それに不衛生でしょ💢

すると中年女性は

イカを切り取ったらダメだとどこに書いてあるの❓

と、屁理屈で対抗。

男性は、

ババァーそんなことは常識だろ💢

まぁー書かなくても乱打戦になったことは想像がつく。

次の話は一人で船に乗っている70過ぎの女性が独り身の高齢の男性から数百万円はする指輪を買わせたあとに、今度は数千万円の指輪を買わせようと企んでいたが女性の仲間内からのリークで御破算になったらしい。

私は

イカ事件より嘘くさいな❓

担当の子は

そうですよね❗️

私も金額が金額ですからちょっと眉唾かと。

しかし、その女性グループの一人は意向に沿わないことからイジメにあってニューヨークで下船したらしい。

なんか昔のタチの悪い不良少女グループだ。

その後も夫婦が船内で別れて旦那が別の女性の部屋にいるとか東スポみたいな話が続いたが、私がジグソーパズル事件の話をしたら笑いながら、

普通ですよ❗️

と簡単にいなされた。

f:id:atamicelebtomato:20190713125855j:image

アラスカ・ウィッティアで奥さんが撮った写真だが、大自然の中で人ってちっちゃいなーと感じた一枚だ❗️

 

 

サンプリンセス世界一周クルーズ北米編太平洋横浜に向かって快走中乗船94日目

サンプリンセスはアラスカ・ウィッティアを出港して4日目になるが毎朝時計を1時間巻き戻して一日が25時間の生活が続いている。

しかしサンプリンセスの住人には明日がない。

日付変更線をまたいで7/11の次の日は7/13になる。

毎日たった1時間いい思いの積み重ねの代償が一日を返上することに。

何かの教訓のようだ!

 

f:id:atamicelebtomato:20190712111841j:image

あと少しだーがんばれサンプリンセス

 

午前中松方弘樹の次に薄いサングラスが似合うご主人と奥様、私と同年代のちょいワルご夫婦の三組が明日の食事会、シェフズテーブルの説明を受けに5Fのレストラン、マーキスに集まった。

レストランの総支配人が明日の段取りと注意事項の説明と挙げ句の果てには英語による同意書に署名までさせられた。

まー確かに一人100💲前後はして特別感はあるがあくまで食事会だ❗️

明日夜、大好きなメンバーと船旅最後の食事会は多分無事には済みそうにないが楽しみだ‼️

あっ❗️明日はないので明後日です。

 

説明会が終わって三組でお茶をしていたときに、話の流れで昨日起きたジグソーパズル事件の話をしたら同世代のちょいワル夫婦のご主人が辺りを見回しながら、

そのおばちゃん達に仲間だって思われたら迷惑だ❗️

とちょいワルな笑顔でチャチャを入れた。

それに答えるように、松方弘樹の次に薄いサングラスが似合うご主人は、

そりゃーきみー、人を理解してないな❗️

私だったら

『近くに若いお嬢さんがいたら嬉しいが貴方じゃあー迷惑だ❗️』

 

私達は散会した。